スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 劉邦と沛出身の仲間達 | main | 西楚の覇王と韓信参上 >>

鴻門の会

JUGEMテーマ:歴史

 

 

遅れて関中に到着した項羽は門が閉ざされていることに激怒した。

 

項羽には、自分が秦の主力軍を次々に打ち滅ぼしてきた自負があり、別働隊として出撃した劉邦が先に関中入りしたからと、我が物顔でいることに怒り心頭となり、劉邦を滅ぼすことを決める。

 

 

 

その時、項羽の叔父である項伯が劉邦軍の陣中を訪れ、かつて恩を受けた張良を劉邦軍から救い出そうとするが、張良は劉邦を見捨てて一人で生き延びることを断り、劉邦が項羽に弁明する機会を作って欲しいと頼み込む。

 

張良

 

 

劉邦が項羽を訪ねに行くと、本営には劉邦と張良だけが通され、護衛のために付き従っていた樊カイは中に入ることは許されなかった。

 

 

宴会が始まると、項羽・項伯は東に向いて、接待する側でありながら上座に着き、范増は南向き、劉邦は北向き、張良は西向きにそれぞれ座った。

 

 

項羽側はハナから劉邦を殺す気で開いた宴会だったので、項羽の軍師・范増は度々劉邦を殺すようにうながす。

 

 

しかし、劉邦が平身低頭に卑屈な態度を示し続けていたので、項羽は劉邦を殺す必要性を感じなくなっていった。

 

 

劉邦をここで絶対に殺しておくべきだと考えていた范増は、煮え切らない項羽の態度に痺れを切らして、部下に宴会の余興として剣舞を踊らせ、劉邦の近くによった時に斬るように命じる。

 

鴻門の会

 

 

宴会場の状況を知った樊カイは、制止する兵士を突き飛ばして宴会に乱入すると、樊カイの迫力に気を取られて剣舞が止まった。

 

 

項羽が樊カイを試すように、大きな盃に酒をなみなみと注いで渡すと、樊カイはそれを一気に飲み干し、次に項羽が豚の生肩肉を丸々一塊出すと、樊カイは盾をまな板にして剣でその肉を切り刻んで食べ尽くす。

 

 

ここで項羽がもう一杯と酒を勧めると、樊カイは「秦王は暴虐で人々を苦しめた。懐王は諸将に、先に咸陽に入った者を王にすると約束した。劉邦は先に咸陽に入ったが、宝物の略奪もせず、項羽の到着を待っていた。功ある人を殺すというのは、秦の二の舞ではないのか。」と項羽に訴えた。

 

 

これに対して項羽は、返す言葉がなく「それほど劉邦が心配なら、ここに座って守っていても良い。」と、完全に劉邦を殺す意思のないことを示す。

 

樊カイ

 

 

腕っぷしも度胸も豪傑そのものの樊カイがいなければ、間違いなく劉邦の命はここで終っていた。

 

その後、劉邦と樊カイは宴会を脱出し、張良が残って、劉邦が先に場を後にしたことを詫びる。

 

 

 

ここで劉邦を殺す決断をしなかった項羽に対して范増は「こんな小僧と一緒では謀ることなど出来ぬ。」と激怒する。

 

 

 

 

その後、項羽は、先に関中入りした劉邦に降伏していた子嬰ら秦王一族や官吏4000人を皆殺しにし、宝物を奪い、華麗な宮殿には火を放ち、更に始皇帝の墓を暴いて宝物を持ち出す。

 

 

 

 

 

 

 

かなり簡略化し、玄人向けではないけれど深い、歴史や伝説などを表現するブログ

 


歴史や伝説の偉人を5行で表現するブログ

 

 

 

| 4.楚漢戦争 (鴻門の会) | 04:31 | - | - |

スポンサーサイト

| - | 04:31 | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--